ゆるランログ

走るのが好きなrundのゆるランログ

沈む夕陽と昇る月

夕暮れラン。


ゆっくり過ぎる日曜日。
お昼の後、本を読んでいたら寝てしまった。
気がつくと、もう夕刻。
急がないと日が暮れる!
すっかり、日没が早くなって来た。


走り始めは明るかった空。

月が見えた。
日暮れとは対照的に、だんだん高くなり始めて。

緑の中に、赤い秋。
まだ紅葉はこれからだけど。
だんだんと、こちらも深まる。
そろそろランも冬支度。
そういえば、いつもほど汗は出なかったような。


いろいろ気にしながら走るのも、面白くないなと気がついて、今日はFitbitをあまり見ないようにした。
感覚は、自分自身。
息が切れず、キツくなく、だけどしっかりと走っていると感じられるペースで。


空が美し過ぎて、ところどころ足を止めた。
この眼で見ている以上のものは撮れないことは分かってるけど、やっぱりカメラを構えてしまう。


両隣りに、夕陽と月。
一緒に、連れラン。
これはもう、絶対にカメラには収めることは出来ないけれど。
しっかり心のシャッター切って。


本日の心拍ラン。
気持ち的には合格点。かなっ?






抑えて走る難しさ

秋晴れの土曜日。
朝から走ろう!という気になれず。
なぜか迷いの中にあり、グズグズ。


こんな時は、無理しないことだと自分を納得させて、本を読むことにする。
入手したばかりの「脂肪を燃やすトレーニング〜体験的マフェトン理論」。
今一番興味深い内容だけに、するすると読み進め。
読み進むほどに、気持ちが落ち着いてきた気がする。


読書の後、見たかった秋ドラマ2本をTVerで見た。
休日の醍醐味。
まとまった自由な時間。
心の開放。


思い立って、外へ。
出来るだけ身軽にして、近所の書店までウォーキングで。
心拍数にチラチラ目をやり、どのくらいの速度で、どのくらいの数値になるかを確認しながら歩く。


自分なりの速足でも、ジョグほどは上がらないものみたいだ。
いつもより、早めに会計。
目的は、これからだ。
帰りは、走る!
そう決めていた。


読んだばかりのマフェトン理論。
より理解度を深め…たつもりで、いざ実践!


途中何度も、雲が好き過ぎて足を止めた。
本日も雲は、思う存分。自由気まま。


外ランは、心拍数を抑えるのが難しい。
ウォーキングから徐々に心拍を上げて〜と思っているけど。
そしてジョグ状態になると、どうしても一気に上昇。


おかしいなぁ。
そんなにペース、速くないのに。
意識して、ゆっくり、ホントにゆっくり走っているのに。


何度も何度も、Fitbitに目をやりながら。
「〜マフェトン理論」の本に書いてあったこと。
いつもより心拍数の上がり方が速い時は、疲労やストレスが原因かも知れないらしい。
読んでた時は、なるほどなぁと思っていたが、午前中たっぷりと心を癒し、走りたい気持ち満々で、ストレスなんて自覚出来ない。


トレーニングしたくない、無気力、疲れやすい、気持ちが沈む〜
こんな時は、オーバートレーニングのサイン。
今朝の状態は、これだったのかな…?


でも、今週は風邪をひいたりしてあまり走れなかったし、昨夜は久しぶりのジムランの疲れでぐっすりと眠れた。
比較的自分に優しい1週間だったと思うのだけど。


そんなことを考えるうちに、心拍数と走りが安定して来た。
グラフがザキザキなのは、思わず立ち止まって、空の写真を撮ってしまうせい。
平均が120を超えなかったから上出来かな。
でも、自分的にはまだ余力を感じ、やや欲求不満なラン。


『エアロビック運動を継続する際、最も難しいのは、ほかの人がどんなことを言っても、どんな運動をしていても、動じないことです。
信念を持って自分のエアロビック運動を行うことができるかどうか。
必要なのは、辛いと感じる激しい運動に耐えることではなく、自分の運動をデザインし、コントロールすることです』
〜脂肪を燃やすトレーニング〜体験的マフェトン理論 42ページより


信念か……まだまだ自分は、そんな域には達していないんだ、きっと。
マフェトン理論に感銘して始めるも、意外なほどの緩さに拍子抜けして、健康には良いのだろうが、面白くない、と続けられなかった人のブログを目にした。


気持ち、わかるな。
でも、まだ自分は始めたばかり。
迷いながらも、今はこの道をトコトコ走っていこうと思う。
ストレスにならないように。
自分流アレンジココロゆるランで。






風邪はいずこへ、回復ラン

すっかり冬。
そんな言葉をがささやかれる、冷気の朝の金曜日。


こちらもすっかり、風邪が良くなった。 
身も心も軽い、そんな感覚。
頭痛も怠さも、いずこへか去った。
2日間、辛抱した甲斐があったというものか。


今夜は迷うことなく、ジムへ。
少しこなれた気持ちで走る。
今日は気楽に40分。

またもや、Fitbitが御乱心?
体感的には、そんなに頑張ったつもりはない。
125〜135の心拍数だと意識している。


ああ、やっぱり。
走った汗とお風呂の汗は別物だ。
気持ちよく湧き出て来る、走る汗。
じっと耐え、滲むのを待った湯船の汗。


溜まった思いを出し切って……何だか眠くて仕方ない。
せっかく金曜の夜なのに。
本を開いたら、きっとそのまま夢の中。


贅沢な眠り。
贅沢な夜。
ほっと、週末。