ゆるランログ

走るのが好きなrundのゆるランログ

思い当たることばかり…「脂肪を燃やすトレーニング〜体験的マフェトン理論」

本日も、最低気温更新中。 


そのせいか、風邪がなかなか良くならず。
朝から片頭痛並みの痛みと喉の腫れぼったさ。
なぜか甘いものが食べたくなったり。


仕事中、胃が痛み、手足が冷たいのに顔が熱い。
どうやら微熱がある様子。


昨日はジムも休んで、あたたかくして、しっかり寝たのに。
どうやら、汗をかきに行かないと、ウィルスが抜けないのかな、なんて考えてしまった。


直前まで迷ったが、痛みという身体の悲鳴を聞くことにした。
後ろ髪ひかれる思いで帰宅。
でも、不安な体調で走っても、きっと楽しくはなかったろうな。
そう、もう苦しみからの自己満足は終わりにしなきゃ。


なんだかんだと、自分で自分を説得しながら。


帰宅したら、待ち望んでいたものが届いていた。

ランの師匠から、「マフェトン理論はこの本がわかりやすい」と薦められた本。
初版は2000年というから、もうかなり以前に書かれたものだ。
それでも、今も評価は高い。
絶版となっているのが惜しい。
電子書籍さえもない。


amazonのマーケットプレイスで、久しぶりに注文してみた。
価格はピンからキリまであって、どれを注文したものかと迷ったけれど。
カンが的中!
安価に新品同様のものを手にすることが出来た。


早く帰って来て良かったと、早速本を開く。
もう、序文から気になることをズバズバと言い当てられて、焦りながらも嬉しくなった。


毎日のように運動をしているのに、ケガをしたり病気になりやすい。
スタミナがなく疲れやすい。
お腹が空きやすく、甘いものを食べたがる。
食後に強い眠気。
血糖値の上下によって、感情の起伏が激しい。
寝つきが悪く、熟睡出来ない。


これらは全て、過剰なトレーニングに寄ることが多いのだという。


常に誰かと比べてしまい、その運動量、強度にばかり目がいって、自分もそうあらねばならない、そうでなければ強く逞しくならないのだという思い込み。
……あるなぁ、かなり。
ランニング関係のブログや記事に、すぐその気になってしまうし。
自分も負けじと、追いつきたいと、必死に後を追って来た。


基本が、土台がしっかりしていないから、積み上げたものがグラグラだ。
気がついては、いた。
だからこうして「ゆるラン」なんて自分に言い聞かせていたけれど、見栄っ張りな性格は、なかなか素直にゆるくはなれずに。


本の言葉が心にしみる。
本日心のトレーニング。
ゆっくり、じっくり読んでいこう。