ゆるランログ

走るのが好きなrundのゆるランログ

体力低下は否めない

雨の朝。
せっかくの土曜日。
朝ランの野望…そう、一番調子のいい朝に外を走りたかった。 


最近とても感じていること。
自然なペースで走りたい。


自分にとって、ジムのトレッドミルはどうしたってスイッチの入ってしまうキケンなものかも知れない。


そんなことを最近…思うように走れなくなって、とても感じるようになっている。


今までは、外を走るより真剣に走れるマシンが好きだったはずなのに。


体調不良で休養を余儀なくされてから、あんなにこだわって、必死になっていたものが何だったのかと思うようになって来た。


スイッチが、切れたのか入ったのか。
どちらが良いのか、悪いのか。


わからない。わからないけど。
今自分は、わからない中にいることだけは確かだ。


気分を変えて、今日はジムでスタジオエクササイズ。
全身をくまなく使う有酸素運動。


汗が吹き出る。
血液が身体中を駆けめぐる。
気持ちも、自分の中を駆け上がる。


こんな感覚が好きだ。
無心に取り組む。
やり切った感。
達成感。


そう、繰り返される毎日の中で、こんな感覚を味わえることって、そうは無い。
それが自分にとっての、運動するってことなのだろうか。


自分の可能性を見つけていく。
ガッカリしたり、ヤッタぜ!って思ったり。
自分に自分で挑戦していく、みたいな。
わかる?
わかるような、わかんないような。


今日は久しぶりの楽しい時間。
でも、すでにかなり筋肉痛。
足の裏も、まるで小学生の頃の遠足の後みたいに痛む。


全然、平気だったのに。
土曜日は一日中、身体を動かして元気いっぱいだったのに。


体力、落ちちゃったんだな。
筋力、無くなっちゃったんだな。
そして気力も…ひゅるひゅるひゅる〜〜


楽しかったはずの時間から、ストンと落ちた土曜日の午後。


「マフェトン理論」というのを教えてもらった。



年齢と状況から計算した心拍数を目標に、それを超えないように運動していくというトレーニング方法。


今の自分は通常からマイナス10の病後の数値。
15分かけて心拍数を上げていき、維持しながら運動し、また15分かけて下げていく。


大切なのは、目標心拍数を超えてはならない、保ち続けながら運動するということらしい。
そうやって、持久力を鍛えることがフルマラソンやトライアスロンまでも可能にするのだそうだ。


ホントかな。
こんな状況からも、出来るのかな。


でも面白いかも知れないな。


今、必要なのは明確な目標。きっと。
ひっくり返った自分の中身を、また新しく組み立てたい。


あー、今日も心はガチランだ(笑)
う〜ん!とノビして、上向いてほぐさにゃ〜