ゆるランログ

走るのが好きなrundのゆるランログ

まだ早い?それでもやっぱり10kmラン

久しぶりの夕焼け空。
今日は晴れ間あり、気温も上昇。
いつもこのくらいの気候だといいのにな。


仕事を終えて、ジム。
金曜日の夜なのに、意外と空いてる。
窓の側のトレッドミルに決めて、闇に染まる道路を見ながら走り始める。


今日も心拍ラン。
Fitbitの誤作動、今回は無く(笑)
自分も走り方に慣れて来たかな。
安定の数値が続く。


徐々に速度を上げてみる。
心拍数は安定数値。
おおっ!これは、早くもトレーニングの成果なのか?
それとも、これが今日のFitbitの誤作動か(笑)


ムクムクと湧き上がる野望。
まだ早い?
明日は土曜日。
やるなら今夜。
このペースで、10km走ってみたい。


今のこの、気持ちのいい走りなら、いけるんじゃね?
すぐ調子に乗る悪い性格。
でも、乗っかっちゃいたい時もある。
乗っかれそうな、それが今。


ちょうど、マシンのテレビで秋の紅葉の山がある映し出された。
その中を走っているんだと想像してみる。
実際の地面では、こんなに軽快には走れないんだろうけれど。
赤や黄色に色づいた木々の中。
流れていく川のほとり。


あと5分で1時間。
さすがに少し息が上がる。
でも全然気持ちは穏やか。
ただ、脚が……疲れて来てる。
やっぱり、まだ時間も距離も長かったかな。


それでも、10km。
本日のゴール!
ほんの1週間前、泣き言ばっかり言ってだけれど。
大丈夫。
走れたことに安堵して、またゆっくりと走っていこう。


トレッドミルの謎

朝の空は、冷たい小雨模様。
白い雲が立ち込める。


仕事の後に、ジムでトレッドミル。
もう、夕刻もめっきり暗くなったなぁ。


今夜はトレッドミルで心拍ラン。
気持ち的には、すっかり会得したかのような。
まずは、ゆっくり早歩きから。
ゆっくり早歩き〜って、変な日本語(笑)
自分的には、心情を表すのにピッタリなんだけど。


意外にも、走り始めに心拍急上昇。
誤作動か?
それとも緊張?
普通なら、絶対こんなに上がらないはずの速度。
体感的にも、ユルユルなのに。


しばらくしたら安定して来た。
120台をキープ。
段々体が慣れて来たかな。
気を良くして、徐々に速度を上げてみる。
心拍の数値は、目標の範囲内で安堵する。


でも、後からデータで見ると右上がりになってたなぁ。
体感的には軽い走り。
前は必死に限界ランで、1分、30秒が過ぎるのをにらみながら走ってた。
時間が過ぎるのが長かった。
今日はらくらくラン。
もう5分くらい走ってもいいかな、くらいに気持ち安定。


しかし、何だろう、このクールダウンの急上昇は?
決して、いきなり速度を落としたわけじゃない。
やっぱり誤作動なのだろうか?
当の本人、至って平常だったんだけど。


久しぶりに、楽しく走れた。
そんな爽快な走後感。
読後感という言葉の走り版(笑)


今までずっと、忘れてた。
そんな感じ。


体力もかなり戻った気がする。
もう少し長く走ってみたい。
まだ早いかな?
でも、このゆるランリズムなら大丈夫かな?


元気になると、すぐこれだ。
明日は明日の風が吹く。
風の向くまま、気の向くままに。



その場ランで心拍ラン

雨の匂いがする曇り空。
今朝はまたもや寝不足だった。


寝ていられなかった、と言うべきか。


昨日のブログ。
それを見て、ランの師匠から沢山のアドバイスをもらった。


Fitbitの心拍数グラフを見て
「綺麗に心拍が安定している」とほめてもらった!
意外だった。


目標心拍数より大幅オーバー。
15分かけて上げるべきところ、一気に心拍アップだし。
呆れられるものと、観念していた。


師匠はほめ上手である。
ダメ出しよりも、少しでも良い部分を見つけてくれる。


ダニエルズのランニング・フォーミュラにも、良い部分を指摘しながら指導するということが書いてあった。
何だかシンクロするものを感じてしまう。


心拍が上がってしまうなら、トレッドミルは動かさなくても良い。
極端に言えば、その場ランニングでも、


とにかく、心拍数のコントロールにフォーカスする。


どんな動き、どんな呼吸で上がるのか、下がるのか。
試してみて、自分の身体と対話してみる。


うっすら汗ばみ、無理なく会話出来るペースなら、数値には幅を持って良い。


何だか、出来そうな気がして来た。
ワクワクしてる。
これなら、場所も選ばないんじゃないのか?


自宅で、公園でその場ラン。
一体どんな感じなんだろう。


アラームが鳴るのも待ちきれない、そんな感じで朝を迎えた。
早速、部屋でその場ランを試してみた。


時間で心拍数を拾ってみた。
あまりに上がらず、その場ランでもウォーキング扱い。
薄っすらと汗ばんではいるのだけれど、心拍を上げるのに苦労する。
その場でかなり跳ねないといけない状態。
ふくらはぎに負荷がかかるような感覚。


テレビを見ながら、20分が限界だった。
上がらないのも大変だなと、再確認。


やっぱり、実際に自分の身体を押し出し、引っ張り走る動きが必要みたいだ。


動いたせいか、朝から沢山食べられた。
昼にも、たんぱく質と野菜におにぎりプラス。
やっと人間の食事っぽくなって来た。


昨日会ったジム仲間に「ひとまわり小さくなったんじゃないか」と言われてしまった。
無くしたものを取り戻せ!


休息と同じくらい、食べることもトレーニング。
動いたら食べる。
動くために、食べる。


しかしまあ、ホントに今日はよく食べた。
夜もしっかり。
小さくなってた胃袋が健気に大活躍してる。


食欲もコントロールしなくては……