ゆるランログ

走るのが好き。ゆる〜く気持ちよく走るログ

何かが起きる満月ラン

勤労感謝の日の朝。
雲多し。


少しゆっくり起きて出掛けて。
帰る頃には真っ青な冬空。

空気は切れそうに冷たくて。
あたたかな部屋でのんびりしてたら、あっという間に日が落ちた。
あーあ、今日も走れなかったな〜。


……って思っていたら。


夕食の後、家族が一緒にウォーキングに行こう、と言うではないか。
びっくり!


たまには歩くのもいいかなぁ。


……って思っていたら。


走ってた。
足元こそランニングシューズだったけれど。
ロングコートで。
食べたばかりで満腹で。


普通なら、絶対やらないようなこと。


まん丸な、月の明かりを浴びながら。
他愛ないことを話しながら走る。


いつものランコースは、夜は本当に真っ暗だった。
1人では絶対に走らないような真冬の夜。
少し行くと、街灯もなく本当の闇夜になり、コース変更。
せっかくだからと2周した。


走り終わると、やっとじんわり熱くなった。
凍える冬の夜ランは、静かに燃焼。
いつもより、時間も距離も全然短い。
けれど、でも。


楽しかったな。
ふたりでゆっくり心拍ラン。


何かが起きる、満月の夜。