ゆるランログ

走るのが好きなrundのゆるランログ

走る?走らない?それとも…?

朝から雨。
結構、本降り。


体調はかなり戻った。
でも、やっぱりまだ不完全。


一番元気があるのは、朝。
だから朝のうちに、走っちゃいたい。


そう、どうしたって毎日走りたいのだ。
最初は体重を落とすのが目的だったけど。
いつの間にか、走ることが目的になった。


走れる自分が信じられなくて。
だってね、子どもの頃からかけっこはビリ。
何をやっても不器用で、本ばかり読んでたのに。


高校生では貧血で、ドクターストップでマラソン大会免除。
それが残念どころか、ウシシと陰で喜んでたのに。


たのに、たのに!


そんな自分が走れてる。
カラダ動かすなんて苦痛以上の何ものでもなかったのに。


走ってる。
あの自分が走ってるんだから。


誰が驚くって、自分が一番驚いてる。
自分が誰より喜んでる。
運動音痴は、やっぱりいつでも心の端っこ暗かったから。
気にしてないよっ!ってフリしてて、ホントはかなりのコンプレックス。


だから、だから!


走れる自分がお気に入り。
走れてる自分はジブンのヒーロー。


満足感と充実感、やり切った感。
思いっきり泣いた後みたいに、思いっきりかく汗は、とびっきり気持ちいいのだ。


でも平日の朝は無理なのだ。
こう見えて、朝は結構忙しいのだ。
そしてめっきり、日暮れも早い。


病みあがり。
そう考えながら、ジム用品をバッグに詰めて仕事に向かう。
どんなに忙しい日も、思いがけず早く終わることがあるから。
ジムの用意は、心の御守りみたいなもんだ。


先週のツケで、仕事多忙な今週だけど。
どうにか、かいくぐってジムへ逃げ込もう!


そんな魂胆、木っ端ミジンコ。
気がつけば残業。
やっぱり疲労。


仕方ない。
ここは勇気ある撤退だ。
カラダ治ってもメンタル崩すな。
明日があるさ。
明日のためにとジブンをなだめる。


明日は…ジムのスタジオレッスンなんだけど。
走れる日じゃ…ないんだけど。


でもさ、でもさ!
明日、明日さ。


クヨクヨするな。
ウジウジするな。
明日、明日。さあ明日!