ゆるランログ

走るのが好きなrundのゆるランログ

走れた!

夜明け頃。
朝焼けとうろこ雲がまぶしい空。 
ぽつんと見つめる月を撮りたくて、朝焼けが入らず。
薄っすらと明るくなる気配だけ、左端に感じながら。


今日はなんだか調子がいい。
食欲がある。
朝食は久しぶりに普通に食べた。


仕事中も、グウグウと虫が鳴く。
この空腹感、本当に久しぶりだ。
ぐっと抑えて、控えめな昼食。
なぜか回って来た小さな大福を思わず食べる。
和菓子なら、大丈夫。


……ほどなく腸が騒ぎ始める。
ああ、またか?


しかし気持ちは明るめ安定。
今日はイケる、という根拠のない自信。
そいつを信じてジムに来た。


昨日、憧れのランナーでもある友人から
「ゆるランなら、心拍数は120以下で」
とアドバイスをもらった。


「ゆるランログって言いながら、内容はかなりガチラン」
という感想ももらって、可笑しくなった。


確かになあ〜。
毎日の自己満足の記録にしようと始めたはずが、まさかの虚弱ランナーの泣き言日記になっちゃって。


昨日手にした「ダニエルズのランニング・フォーミュラ」。
真っ先に開いたのは一番最後。
「休養と補助的トレーニング」の章。


ランナーには計画的な休養と、そうでないと休養とがある、という。
計画的休養は、大会後やシーズンオフの年間スケジュールに組み込まれている走らない日。


計画にない休養は、思わぬケガや病気というアクシデントによるランオフ。


「自分に休養が必要だという事実を受け入れ、問題解決のために必要なことは何でもする、という姿勢」が大事だとダニエル氏も言う。


二人の言葉がシンクロし、何とも言えない気持ちになった。



さあ、とにかく!
今日はジムだ。


トレッドミルは30分にセット。
Fitbitの心拍数を気にしながら、走り始めた。


走り始めは上がるんだな!
改めて確認する事実。


こんなゆるくしか走ってないのに、約束の120を軽く超える。
いかんなぁと思っていたが、ほどなく安定し始めた。


10分もすると、懐かしい汗の吹き出る感じ。
あっと言う間の30分。


不思議だなぁ。
いつもは、1分が長くて仕方なく感じるのに。


走り慣れると当然のように上げていた速度。
今日はぐっと我慢して。


ゆるラン、ゆるラン、ゆるランで。
心拍数の平均は130になっちゃったけど。



シャワーの後、ロッカーでジム仲間と顔を合わせた。
心配してもらえる有り難さ。


何でも、同じ頃にジムでも胃腸炎が続出したらしい。
まさか、ジムが関係していたのだろうか?


ホントのところは分からない。
だけどこのラン、現実。事実。


走ることって、やっぱり楽しい。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。